イベント情報

私達は先人たちが育んできた盛岡の歴史的生活環境、建築、そして地域に根ざした生活の知恵を学び、引継ぎ、次の世代に伝える義務がある。

戦後、見捨てられてきた、実物の歴史的建築、環境をいかすことを優先し、持続した生活環境としてまちづくりをすることが必要である。

歴史的環境、建築、まち並みは急速に孤立化しており、保全は急務である。

使われてきたから残ってきたのであり、生活環境の改善、支援も急務である。

 

    1. 定期的なシンポジウム、訪問見学会の開催
歴史的環境、建築、そして地域に根ざした生活の知恵、都市に住むルールを学ぶ。
    1. 各地区のまちづくり団体への支援と連携
各地区毎にまち並み塾の活動を始める。各団体、各地区とまち並み塾との連携を確立する。
    1. まちづくり計画の支援、作成、研究。
    2. 歴史的建築の保全支援
空家町家、歴史的建築の活用支援、管理、運営を行う。また修繕の支援を行う。
  1. 「登録文化財」「市保全制度」の活用、支援、調査、支援登録
  2. 盛岡の歴史的生活環境、建築等の学習、研究、啓蒙
  3. 特に「盛岡町家」の学習、研究、啓蒙

盛岡まち並み塾は、市民からの寄付金、参加費、賛助金で運営する自主的任意の団体です。