イベント情報

外観の特徴

盛岡の町家は、柱立ての下屋付で、道路と並行に屋根の棟を持つ平入り(ひらいり)がほとんどです。この下屋は、青森県、秋田県境北部にみられる「こみせ」(木造アーケード)が変化し、それぞれの家事用の内土間に変わったものです。藩政時代の古絵図に描かれた仙北町の街並みは明らかに「こみせ」を示しています。

 

馬町に馬検場があった明治時代に、道一杯に並ぶ馬を避けて下屋下を歩いた話も残っています。

 

ちなみに新潟地方では「雁木」と呼ばれています。

また、盛岡町家の特徴を持つ町家は、県内各地の宿場町等にも見られます。

 

一方、県南の旧伊達領の町家は違った特徴を持ちます。

このことは、南部町家と呼ぶ方が正しいかもしれません。

 

店じまいの戸締りは内側の蔀戸(しとみと)、大戸(潜戸付きの戸)で仕切られます。

下屋は住居専用になっても外部的に残ってきました。その後、明治後半にガラスが入り、道路側にガラス戸が建ち、下屋は殆んど内部下され、現在の姿になりました。

 

また、町家は隣家と空地が殆んどありませんが、それぞれ戸建て独立して建築されています。明治以降の近代化、身分の自由化を背景にだんだん背が高くなり、贅をつくす町家もつくられます。江戸時代に近い古いタイプは背が低く、表2階のみという特徴があります。屋根の重なり具合で、高いほうが新しい建築と見て良いようです。

 

関西の町家と比較してみると、下屋は柱を持たず、母屋から突き出す形式で、母屋の総2階が強調されます。盛岡町家は下屋が通りに面し、母屋が引く形になります。

 

内部の特徴

町家のかまえは、表通りから母屋、坪庭、土蔵と並びます。そして、表から裏まで通り土間が通り、土足で奥まで行けます。盛岡では、昔は「ロジ」と言いました。子供たちの遊び場になり、荷を奥の土蔵に入れるためや汚物の汲み取りの通路利用されてきました。この配置は、近世以降の全国の町家でもほぼ同じです。

 

盛岡町家の特徴は、母屋の「見世(ミセ)」に続く中の間、「常居(ジョイ)」にあります。この部屋は主人お仕事場で、家の中心として神座も兼ね、立派な神棚があり、基本的に二階をのせません。天井もない吹き抜けにして、屋根を支える木組みを見せる空間にします。地元では「主人を足げにしない」「出世を妨げない」ためといわれています常居に続いて食堂にあたる「台所(ダイドコ)」、または「座敷」となり、この前か奥の通り土間に水場、かまどを設けます。

 

ところが、中の間と台所の意味と位置は、京町家に代表される関西系町家と大きな違いがあります。京町家は、中の間が台所にあたり、みせで働く人、外からの人と家の人が食事をしたり玄関先のような使われ方をしています。二階ものって、吹き抜けにはしていません。吹抜けは、この台所前の通り庭に竈があり、その煙り出しのためにあります。「火ぶくろ」と言っています。

 

二つ目の特徴で、常居は、表(店)と裏(家)に空間を二分し、表の2階は古くかは店の雇い人の部屋、臨時の宿、倉庫等に利用され、昭和に入ると客用座敷に改造される町家が多くなります。明治以降町家に見られる奥二階を持つ場合は、女衆の部屋等に利用されてきたようです。つまり、常居は、家を私的、公的空間に分ける役割を持っています。

 

三つ目は、神棚は南向き、東向きを基本とし、通り土間はこれに反対する位置に作られます。これは、街区のなかで、各町家の通り土間と居室が交互に並び、木造の薄い壁で接する家境でもプライバシーが保てるよう、間取りによって都市に住まうルールがつくられています。